読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラーヴァリエーションお披露目

こんばんは。
Himeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)代表の北口です。

htle.thebase.in

本日もご紹介有難うございます。姫路市内でも私がHimeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)を始めた事で色んなご紹介を頂いております。また、ブログを見たとご連絡頂いた方々もいらっしゃり、嬉しい限りです。

さて、先日から告知させて頂きました当社初のオリジナルレザーとなる『茶芯レザー・リバイバル』は相変わらずの反響を頂いております。

htle.hatenablog.com

 定番のブラックに加えカラーヴァリエーションを展開する予定ですが、ようやくサンプルレザーが仕上がり、色合いも希望通りですので今回公表させて頂くことに致しました。

茶芯レザーの定番カラーを常備しています

今回、ヴィンテージレザーとして定番カラーを当社でもレギュラーラインナップとして準備いたしました。

f:id:HTLE:20170513131743j:plain

まずは定番のブルー。(太陽光下で撮影)
80年代のレザーアイテムはラメのレザーを始めとしたカラフルなレザーが登場しました。ここまで鮮やかなブルーは染色では難しく顔料染色レザーならではの色合いだと思います。ブラック同様、使い込むと明るめのブラウンが表情を見せてきてブルーとブラウンの絶妙なコントラストがレザーアイテムのオーナーの満足度を満たしてくれます。

f:id:HTLE:20170513132025j:plain

定番のバーガンディー(太陽光下で撮影)。
私が姫路レザー有限会社に所属しているときよりも赤みが強いバーガンディーで仕上げています。関西ローカルの私鉄の阪急マルーンに近いバーガンディーを選んでいます。
実際、バーガンディーの茶芯は昔から多くのブランドやメーカーで採用され数多くヴィンテージや古着のショップで見かけることができるブラックと並んでの定番カラーと言えます。

f:id:HTLE:20170513133435j:plain

オフホワイト(太陽光下で撮影)。
意外とお問い合わせが多いのがホワイト。染色では汚れが目立ちやすいので、敬遠されがちなカラーですが、ピグメント仕上げのホワイトは汚れに強く、汚れても拭き取りやすいので、作品を作りやすい素材です。また茶芯の経年変化も美しい一枚となっております。

スワッチサンプル無料配布中にカラバリすべて含めております

前回のブログでご紹介しましたが、5月、6月中限定でご希望の方に『茶芯レザー・リバイバル』のスワッチサンプルを無料贈呈しております。

htle.hatenablog.com

 その際、今回ご紹介しましたカラーヴァリエーションのサンプルも含めております。
癖の無い扱いやすいレザーを是非ご覧いただきたく思います。

皮革産地直送ならではの適正価格でお届けさせて頂きます。

Home / About / Contact / Face Book