読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【OUTLET】80年代を彷彿させるゴールドラメレザー

こんばんは。
Himeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)代表の北口です。

本日は変わり種のレザーをご紹介致します。
今回ご紹介するレザーは日本経年変化協会の会長からも

「経年変化とか関係なく、レザーの歴史で意味ある一枚でカッコいい。」

と言われた一枚であります。

80年代全米のミュージシャンが愛したラメレザー

今回ご紹介するレザーはこちら。

f:id:HTLE:20170419001411j:plain

原皮:北米産牛革
鞣し:ハイブリッド鞣し(混合鞣し)
仕上げ:エナメル調ラメ仕上げ
サイズ:140ds(1.6mm)
カラー:ゴールド
価格:8,000円(税別)

眩しいほどのゴールドラメレザーです。
ゴールドラメの上にエナメル調の仕上げを行うことによってラメの剥離を予防する徹底した作り込み。実はこのゴールドラメレザー昔一斉を風靡しました。

それは遡ることは1980年代のアメリカです。
当時好景気の影響でアメリカのミュージックシーンは豪華一色でしてステージ衣裳にレザーのラメが採用されることが多く、ラメのレザーはまさに一世を風靡しました。

f:id:HTLE:20170419001910j:plain

今はなきアメリカのスターであるプリンス。彼はゴールドレザーのSTAGE衣装をこよなく愛しました。当時プリンスだけでなく、スティーヴィー・ワンダーやブルースプリンスティーンなどアメリカの大御所アーティストが好んで派手なレザーアイテムに身を包みました。後日プリンスを偲んで開かれたライブではかのマドンナもシルバーのラメ衣装で登場しました。

f:id:HTLE:20170419002112j:plain

こうやって振り返ると懐かしいです(遠い目)。
今日では80年代の洋楽が見直され多くのカバー楽曲もございますので、このゴールドラメレザーは旬なレザー素材と言えます。

 

当時のラメレザーの欠点を今日の技術で改善するのが姫路

当時のラメレザーは今ではヴィンテージで見ることはできますが、当時のラメの技術は完璧とはいえず、現存するラメレザーアイテムの多くはラメの剥離が見受けられます。

今回ご紹介するレザーはラメの剥離を防ぐため、エナメル調の塗膜仕上げを施しております。

f:id:HTLE:20170419002535j:plain

レザーをこれだけ曲げても剥離などの問題は発生しません。
エナメル調のクリア仕上げでラメの華やかさが際立っています。
当時クロム鞣し革にラメ加工を施しておりましたが、今回の原皮の鞣し技法はハイブリッド鞣しをベースに行っていますので、コバ処理などが行なえます。

f:id:HTLE:20170419002715j:plain

ラメは吟面のみで床面は加工を施しておりませんので、ゴムのりなどの仮止めに支障をきたさないため、作り手に非常に扱いやすい一枚となっております。

140dsと言う小ぶりなサイズですので半裁一枚8,000円です

当社のOUTLETラインナップは半裁一枚10,000円均一かと思われますが、当社では徹底して適正価格にこだわる事をモットーとしております。通常半裁200ds前後が一般的であり、今回の140dsは半裁でも小ぶりのサイズであると私も認識しているため、今回のこちらのレザーは半裁につき一枚8,000円と言う価格設定を行っています。

厚みは1.6mm厚と革小物にも最適な一枚となっておりますので、作り手の想像力で素晴らしいアイテムを生み出して頂けると嬉しく思います。

お買い求めこちらからお願い致します。

当社のOUTLETレザーは品質に欠陥はございません!!

 OUTLETと訊くと、どこか品質に欠陥があるように思われますが、私共のOUTLET対象商品には品質に欠陥はございません。

レザーは天然素材ですので、ある程度の傷はございますが、半裁販売に支障を来すような傷のある場合は今後カットレザーとして販売致します。

私共が取り扱うOUTLETレザーは

  • 色、サイズ(厚み)、仕上げに数限りがある場合。
  • タンナーサンプルレザー

基本原則、在庫に限りがある場合をOUTLET対象商品とさせて頂いております。

半裁のデシ数問わずの均一価格となっておりますので、多くの場合デシ単価50円を下回っているお買い得な商品となっております。

皮革産地直送ならではの、適正価格でお届けさせて頂きます。

Home / About / Contact / Face Book

【OUTLET】ハイブリッド鞣し。素揚げシュリンク仕立てブラックレザー

こんにちは。
Himeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)代表の北口です。

桜が満開になりましたが、連日の風雨。昨今毎年のように満開の後の悪天候のようが気がします。さて、そんな悪天候の中、お買い得なレザーのご紹介です。

素揚げ仕上げで経年変化を楽しめる肉厚ソフトシュリンクレザー

今回ご紹介させて頂くのはこちらのレザー。

f:id:HTLE:20170411161551j:plain

原皮:北米産牛革
鞣し:ハイブリッド鞣し(混合鞣し)
仕上げ:芯染め染色シュリンク仕上げ
サイズ:257ds(2.0mm)/243ds(1.8mm)/288ds(1.5mm)
カラー:ブラック
価格:サイズ問わず10,000円(税抜)

肉厚なシュリンクレザーです。
こちらは前回のブログでご紹介致しましたクロム鞣しを行ったあと、タンニン鞣しを行うハイブリッド鞣し(混合鞣し)で精製され、染色の素揚げで仕上げているため、皺と日焼けなどの経年変化を期待できる一枚となっています。

htle.hatenablog.com

 

f:id:HTLE:20170411162551j:plain

肉厚でありながら、しなやかなであることが上質なシュリンクレザーである証です。
またハイブリッド鞣しと言えども手で揉むとギュギュと革が鳴くことから、十分にタンニン成分が含まれている事が確認できます。

 

f:id:HTLE:20170411162755j:plain

レザーの吟面と床面。
丘染め染色ではなく、しっかりと芯染めの染色で仕上げております。

f:id:HTLE:20170411162908j:plain

ラッカーなど溶剤顔料での着色を行わず、染色のみの仕上げですので、牛本来が持っていた傷やトラと言われる血管跡もそのまま残っています。

厚みは2.0mm厚、1.8mm厚、1.5mm厚とございます。漉き加工も別途承っています。
バン本体であれば1.2mm厚に加工すると仕上がりが良いかと思います。

ただしOUTLETセール対象商品となりますので数に限りがございますので、早い者勝ちのお買い得素材とさせて頂きます。使い勝手の良いオールマイティーな一枚です。お買い求めはこちらからお願い致します。

(注)漉き加工ご希望のお客様は別途漉き加工をカートにお願い致します。

 

当社のOUTLETレザーは品質に欠陥はございません!!

 OUTLETと訊くと、どこか品質に欠陥があるように思われますが、私共のOUTLET対象商品には品質に欠陥はございません。

レザーは天然素材ですので、ある程度の傷はございますが、半裁販売に支障を来すような傷のある場合は今後カットレザーとして販売致します。

私共が取り扱うOUTLETレザーは

  • 色、サイズ(厚み)、仕上げに数限りがある場合。
  • タンナーサンプルレザー

基本原則、在庫に限りがある場合をOUTLET対象商品とさせて頂いております。

半裁のデシ数問わずの均一価格となっておりますので、多くの場合デシ単価50円を下回っているお買い得な商品となっております。

皮革産地直送ならではの、適正価格でお届けさせて頂きます。

Home / About / Contact / Face Book

 

革の基本的知識

こんばんは。
Himeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)代表の北口です。全国各地で桜が満開との情報で、兵庫県姫路市にも桜の名所が多く賑わってきました。

さて、先月の創業依頼多くの方々からのお問い合わせや、ご来店及びオーダーを頂きまして誠に有難うございます。モノづくりのプロの職人さんからレザークラフト初心者様まで作りたい作品にあわせて皮革産地ならではの適正価格でご満足頂ける皮革素材をご提案させて頂きたいと思います。

レザーは一般的に知られている素材ですが、意外と詳細に関しては広く知られていないようで、今回レザーの基本的な知識を纏めていきたいと思います。

レザーは『半裁』で売買されるのが一般的です

レザーを使ってモノづくりをされない方は革製品といってカバンや革靴のように製品になっているのを目にすることがないと思われます。一般的に市場に多く流通しているのは牛革です。牛革の場合

f:id:HTLE:20170406180824j:plain

(画像引用:日本経年変化協会

上の画像のように頭からお尻にかけて背中に真っ二つに裁断する背割りと言うかたちで裁断されたものを半裁と呼びます。つまり1頭の牛から2枚の半裁が取れる事になります。
人間と同じく、牛も哺乳類で身体の部位によって皮膚の厚みが異なります。モノづくりを行う職人さんは各部位の特性を考えながらモノづくりを行っています。

 

革の値段は10cm正方の面積で決められています

 ではこの半裁一枚いくらと値段が付けられていると思われがちですが、実際レザークラフトショップで同じレザーの半裁を見比べると、半裁ごとに数百円から場合によっては数千円異なることがあります。高い方が品質が良いのではなく、価格の違いの理由として、

革の価格は10cm正方の面積で価格が決められている

と言うのが大きな特徴です。

f:id:HTLE:20170406182126p:plain

10cm正方の面積(100平方㎝)を1デシ(ds)と呼びます。
この1デシ(ds)あたりの価格をデシ単価と言います。

つまり分かりやすく説明するため、デシ単価100円のレザーがあって、半裁200dsと半裁300dsのレザーでは半裁一枚あたり、10,000円の価格に差額が生まれてきます。レザーの出処は牛馬の皮膚ですから当然人間が身長が高い人、低い人。体型がポッチャリしてる人、痩せてる人と個体差があるように大きな牛から小さな牛と牛でも個体差あるので、このような価格の差が生まれてきます。これはレザーが天然素材ならではの現象かと思います。

コラム~デシ単価幾らから高いと思われる?~
革の価格は原皮の品質(傷が少ないなど)や鞣しの種類、仕上げの種類など革そのものの製作によって決定され、手元に届くまで幾つの商社を通されているのかなど販売ルートによって変動してきます。革を購入する際、幾らぐらいから高いのかと思われるため、日本経年変化協会の会長に訊ねてみました。彼は姫路だけでなく、栃木レザーやインポートレザーなど全国各地のレザーの仕入れを行っています。

「良い革(彼の場合上質な革を指す)はデシ80円代が一般的かなぁ~。デシ100円超えてくるとちょっと高いから、品質や色が見合ってるとか色々考えるよね~。」

との事です。皆様も同じ感覚でしょうか?
私供は産地直送ならではの適正価格でご提供したいと思うので非常に参考になりました。

 

鞣し方による分類

 レザーは鞣し方によって、素材としての特性が異なってきます。
そもそも鞣し(なめし)とは、牛馬の皮膚はそのままでは腐食してきますので、腐らないように加工することです。腐らないように加える防腐剤が地球上に元々ある植物性のものであればタンニン鞣しと呼ばれ、クロム酸の化学薬品であればクロム鞣しと呼ばれます。価格も手間暇と防腐剤の価格からタンニン鞣し革の方がクロム鞣し革より高価となっています。しかし、ここで私が言いたいことは

鞣しによる価格の違いが革の品質の良し悪しではないと言うことです。

タンニン鞣し革クロム鞣し革双方には特性があり作りたい革製品がどちらが適しているかと言うことが重要となります。実際に日本に流通しているレザーの8割以上がクロム鞣し革であり、タンニン鞣し革の市場流通量はわずか1割前後と言われています。

ここでタンニン鞣し革クロム鞣し革双方の特徴を簡単にご説明致します。

 

タンニン鞣し革の特徴
タンニン鞣し革は一般的に『ヌメ革』と呼ばれます。長所としては
  • 革らしい風合い
  • 分厚く厚みがある
  • 使い込むと変色などの革らしい経年変化がある
  • レザークラフトでコバ(革の断面)が磨ける

などが挙げられます。タンニン鞣しは戦前からある鞣し技法で昔ならではのレザーとなり、その風合いを偏愛される方に好まれています。短所としては

  • 一般的に思われる「革製品は重たい」と言う特有の重さ
  • 変色してしまう(変色を経年変化と思うかは趣向性)
  • 原皮の傷などがそのまま出やすい
  • 分厚いので薄くと漉き過ぎると避けやすい
  • 革製品にした際コマメなメンテナンスが必要

レザー製品を偏愛される愛好家の方々は自身が長年使い込んでレザーに生まれる傷や皺(しわ)、変色を経年変化として好み、また自らが定期的にメンテナンスをする時間も楽しみにされ、好んでヌメ革製品を選んでいます。

クロム鞣し革の特徴
戦後、クロム鞣し革は大量生産が可能な鞣し技法として日本だけでなく全世界的に急速に普及した鞣し技法です。長所としては
  • 薄くて靭やかでヌメ革より軽くて丈夫
  • 変色が起こりにくい
  • 特別な定期的なメンテナンスが不要

ヌメ革の短所を補うような特性であり、薄く靭やかで軽くて丈夫と言うところがレザージャケットなど服飾業界や車のカーシートなど工業の分野など幅広い業界で様々な用途で用いられてます。短所としては

  • 革らしい風合いはヌメ革より劣る
  • ヌメ革のような革の厚みがない

この特性から考えると一般的にはクロム鞣し革が普及するのは自然なのかもしれません。革らしい風合いを求めるような少しコアなレザー愛好家にはタンニン鞣し革が遥かに魅力的に感じ選ばれるのだと思います。

 

良いところ取りで近年急速的に普及しているハイブリッド鞣し

クロム鞣し革の特徴である軽くて丈夫な長所にやっぱり昔ながらのタンニン鞣し革特有の風合いの要素を加えたい。このようなニーズが高まって近年ではハイブリッド鞣しと言う鞣し技法が急速に広まってきました。

ハイブリッド鞣しとはクロム鞣し革を再度タンニン鞣しを行う技法でクロム鞣し革にタンニン鞣し革の風合いを加える為の技法です。

実は皮革産地の姫路では昔から存在した技法でワークブーツなどに用いるため精製されていました。双方の良いトコ取りでレザー初心者から愛好家の方々まで広く受け入れ始められたレザー素材です。

 

レザーと言う天然素材の簡単な基礎知識を纏めてみました。

 

通販サイトを通じて産地直送適正価格でレザーをお届け致します

私どもの理念に、現在姫路の多くのタンナーを始め専門家たちに共感して頂き、私も日々工場に足を運び、喜んで頂ける望まれるようなレザー素材を日々探し出し、作り出すように務めています。

はるばる遠方から宿泊の準備をして訪問して頂くこともございますが、日本全国の方々のご要望にできるだけお応えしたいと思い、通販サイトを立ち上げております。

htle.thebase.in

現在OUTLETのレザーを販売させて頂いております。
欠陥商品と言うわけでなく、数に限りがあるタンナーさんのサンプルレザーが中心となり、サイズに関係なく半裁8,000円~10,000円にて販売しております。デシ単価では50円を切る価格となっております。

今後、作家さんのご希望されるレザーなども販売してまりますので、今後とも宜しくお願い致します。

Home / About / Contact 

Himeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)の事業理念

こんにちは。
Himeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)代表の北口です。

私どもは2017年3月1日に発足した兵庫県の姫路・たつのエリアのレザーを取り扱うレザー専門商社であり、オリジナルレザーの製作やオーダーメイドでレザーを仕立てることなども承っております。

創業早々に口コミでオーダーを頂き、遠く離れた遠方からもお越しいただき多くのオーダーを頂き、本当に嬉しく思います。

現在WEBサイトも構築準備でブログやFBを通じて、情報を配信して行きたいと思っています。予想以上の反響で初月を無事に終える事ができて、放置状態のブログをようやく更新できました(笑)。

改めて私共の事業理念を説明させて頂きます。

 

兵庫県姫路は日本最大の皮革産地なんです!?

兵庫県姫路市ってご存知ですか?
そう、一番に言われるのは世界遺産である姫路城。おっしゃる通り姫路市民が誇る世界遺産であり、シンボルでございます。そんな世界遺産よりもさらに昔から姫路市で行われている産業があり、現在でも地場産業の一つとして皮革産業があります。

f:id:HTLE:20170331232250j:plain

皮革産業とは牛馬の皮(Skin)から皆様がご存知の革(Leather)に精製する所謂鞣し、仕上げを行う産業です。その歴史は古く平安時代から今日まで続いており、姫路・たつのエリアは日本に流通するレザーの約7割を生産しており、馬革に関してはほぼ100%のシェアであり、まさに日本最大の皮革産地であります。

 

姫路の皮革産業は規模の大きさから時代に併せて変化した産業。

ヨーロッパと日本の皮革産業の歴史はさほど大きな違いはないのですが、ヨーロッパと日本では皮革産業に求められる用途が異なりました。

平安時代から姫路の地においてレザーの精製が始まり歴史が深いものですが、明治時代まで用途が太鼓を始めとした寺社仏閣の祭事の道具、または武士の身を守る武具に使われてまいりました。江戸時代まで靴ではなく草履の文化であり、鞄ではなく、風呂敷や箱の文化であったからです。

今日のように服飾雑貨にレザーが使われるようになったのは、明治時代以降西洋文化が日本に取り入れられてからです。

姫路でもピット槽のフルタンニン鞣しで戦後まで皮革精製を行ってきましたが、戦後の日本高度経済成長においてレザーも大量生産を求められ、日本最大の皮革産地姫路の革作りは効率化を求められ、クロム鞣しレザーを精製始めました。その結果タンニン鞣し、クロム鞣しの長所欠点をタンナーは理解し、ハイブリッド鞣しなど独自の精製法を探求していると言えます。

姫路のレザー作りは分業制と言う専門化しているのが特徴

姫路エリアだけでも現在80社前後の皮革関係企業が軒を並べています。

「80社前後のタンナーが皮革精製してるんだ?さすがですね。」

と言われることが、ありますがこれは大きな誤解です。原皮(Skin)からレザー(Leather)に精製するには幾つもの工程がありますが、姫路では各工程毎に専門企業に分業されているのが特徴です。原皮の鞣しから仕上げまで一環して行うタンナーも数社ございますが、そう言ったタンナーは姫路エリアでも少数です。

原皮を仕入れる原皮の商社。鞣しだけを行う鞣し企業。染色や仕上げを行う仕上げの専門企業。裁断だけを行う裁断企業や革の厚みを調整する漉き加工専門の企業など各分野に専門家が存在しているのが姫路の皮革産業の特徴です。

そういった背景より、専門家達が情熱と知恵を絞って作り出したレザー素材を取り扱う為、私は屋号にHimeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)と名付けました。

Himeji Total Leather Expertの事業理念

現在でもモノづくりを行う職人さんや作家さんが理想とするレザー素材を求めて大勢の方々が尋ねてこられます。レザーは天然素材であり人工的な素材と比べると高価な素材となります。

しかしながら、私も多くの職人さんや作家さんとお会いする度に感動するのはその情熱です。

・産地直送ならではの適正価格でレザーをお届けしたい。
・作り手が希望するレザーを専門家達で生み出して行きたい。


そう言った想いでHimeji Total Leather Expert(姫路トータルレザーエキスパート)を立ち上げました。

通販サイトを通じて産地直送適正価格でレザーをお届け致します

私どもの理念に、現在姫路の多くのタンナーを始め専門家たちに共感して頂き、私も日々工場に足を運び、喜んで頂ける望まれるようなレザー素材を日々探し出し、作り出すように務めています。

はるばる遠方から宿泊の準備をして訪問して頂くこともございますが、日本全国の方々のご要望にできるだけお応えしたいと思い、通販サイトを立ち上げております。

htle.thebase.in

現在OUTLETのレザーを販売させて頂いております。
欠陥商品と言うわけでなく、数に限りがあるタンナーさんのサンプルレザーが中心となり、サイズに関係なく半裁8,000円~10,000円にて販売しております。デシ単価では50円を切る価格となっております。

今後、作家さんのご希望されるレザーなども販売してまりますので、今後とも宜しくお願い致します。

Home / About / Contact 

アウトレット商品の準備完了です。

こんにちは。

 Himeji Tortal Leather Expertの北口です。

お得なアウトレット商品の準備が整いました。

 

写真撮影も初めてで、時間がかかりましたが、これからも、様々なレザーをお届けしたいと思います。

 

 また、Himeji Tortal Leather Expertは、皆様のご希望される皮革を提供するために、原皮を鞣す地域を選択して、ご依頼の皮革を仕上げます。

ローム鞣し、タンニン鞣し、ハイブリッド鞣し、脱クローム鞣し、ヘビータンニン鞣し、そして、色、ツヤ、タッチ感はもちろん、天然シュリンクや各種型押し革(クロコダイル、パイソン、シュリンク、シボ)等、何百とある型押しにも対応します。

 

Home / About / Contact /

 

 

 

 

 

 

 

現在続々と皮革を準備中です

こんにちは。

姫路トータルレザーエキスパートの代表北口です。

ブログを始めWEBは苦手ですが、レザーならお任せです。

f:id:HTLE:20170309165900j:plain

兵庫県姫路市は現在日本で流通しているレザーの約7割を生産している日本最大の皮革産地です。姫路トータルレザーエキスパートでは、高品質なレザーからお買い求め頂きやすい廉価なアウトレットのレザーまで数も種類も豊富にラインナップしたいと思います。今しばらくお待ち下さいますようよろしくお願いいたします。

 

Home / About / Contact /

2017.3.1事業開始

姫路トータルレザーエキスパート

皮革の製造、販売・皮革製品の製造、販売

皮革アウトレット商品販売 

https://htle.thebase.in/

登 録  № 1040

所在地  兵庫県姫路市花田町小川1142-4

連絡先  079-289-2136  携帯電話 090-3922-2136

                  E-mail:himeji.t.l.e@gmail.com

代表者  北 口 俊 一

 

 

★★★

はじめまして、姫路トータルレザーエキスパートです。

3月1日に事業を開始、早くも3日目になってしまいました。

少し遅れましたが、ブログを開設させて頂きましたので、宜しくお願い致します。

 

★★★

初日より皮革のご依頼もあり、ありがとうございます。

今後、皆様のご依頼に添えるように進めていきたいと思います。